読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20161218

日記

見てきました。

f:id:onsen_man:20161219004701j:plain



戦争を題材にした作品、というのは
得てして神経衰弱した憲兵やキツイ婦人会のおばちゃんや鬼畜な米兵が
出てきたりしますが、この映画は出てきたりはしません。

何処にでも居そうなどんくさい娘が、呉市に嫁いで、生きていく話です。
もちろん現代の世相に寄せているのか、
運良く中流家庭以上のいい所に嫁いでいます。

それでもやはり戦争の魔の手はどんどん生活を侵食していきます。
精確な追体験のように、克明に「普通の生活」から、
「異常な生活」へと変わりゆくので、まるで自分も当時の呉市
いたかのような没入感。
そこにやりきれない思いや、軽くあしらう人々のシーンが、
今の自分達と変わらない「人間ドラマ」がそこにあります。

有名な「孤独のグルメ」には
「生きているというのは体にものを入れてくということなんだな」
というセリフが出てきます。
この映画に沢山出てくる食事シーンにも、やはりそんなテーマが
込められていると思います。
今の飽和な時代に合わない不釣り合いな"古い"映画に思える人も
いるかもしれません。

だけどそんな人、特に若い人に見て欲しい。
この世界の片隅にこんな生活をしていた
人達が居た、ということを知ってほしい。
騙されたと思って、ぜひ見て下さい。


***


まあ主要メンバーのすずさん、すみちゃん、リンさんの色気がまた凄い。
エロい。
エロ同人が欲しい。(大分禁忌を犯してる感じがするが)
のんさんも細谷佳正氏も演技が上手かった。
ブラザーズコンフリクトEDでド下手に演じて歌ってた頃が懐かしいよ…。